日本の伝統文化 卵油の話 頭痛、めまい、心臓、血圧、ボケ防止、試してわかる卵油の話


いよいよ卵油作りに挑戦してみよう


1、よく洗った鉄のフライパンに油をしかず、きれいに取り出した卵の黄身だけを入れ、空炒りしていきます。




卵の黄身

2、木ベラを使って弱火で炒っていきます。大きな固まりにならないよう、切りながら混ぜます。サラサラになってきたら、すりつぶすように手早く、顆粒状になるまで、根気よく細かくしていきます。


弱火で炒る

3、挽いたコーヒー豆のような状態になったら、手早くかき混ぜたり、すりつぶしたりするのをやめます。煙が出てきますがあせらないで、全体にムラなく熱が回るように、なるべくゆっくりとかき混ぜます。


挽いたコーヒー豆の状態

4、ものすごい煙と共に卵油がにじみ出てきたら、フライパンを斜めに傾けて高く持ち上げた方にカスを集め、その下に火があたるようにフライパンを移動します。遠火になった分だけ火力を強くしてかき混ぜながら押しつぶすと、火の当たっていない下の方に卵油がたまっていきます。

卵油がにじみ出る

5、卵油が充分出たら、残ったカスを取り去って、油こし紙でこします。





卵油をこす

6、ボウルに水を張って、できあがった手作り卵油を冷まします。





卵油を冷ます

自然卵が原料<<ちえの輪卵油>>
沖縄の平飼い自然卵を使用しています。昔ながらの智恵で、あなたを元気に!


ちえの輪卵油 NPOおばあちゃんの知恵袋の会NPOおばあちゃんの知恵袋の会
「卵油の話」が参加しています
ちえの輪けんこう友の会事務局
〒112-0001 東京都文京区白山
       4-36-16-304
お問い合わせはこちら>>


ちえの輪けんこう友の会