日本の伝統文化 卵油の話 頭痛、めまい、心臓、血圧、ボケ防止、試してわかる卵油の話


血液サラサラ成分で、
血の巡りの良い体質作り


生活習慣病を遠ざける卵油の成分

卵油の主成分は、オレイン酸、ビタミンE、レシチン(コリンを含む)です。 オレイン酸は加熱しても酸化しにくい性質があり、体内で有害な過酸化物質を作りません。オレイン酸の働きで最も良く知られているのは、善玉コレステロールを減らさずに血液中の悪玉コレステロールだけを下げるという特徴です。
動脈硬化や心臓病、高血圧などを予防し、生活習慣病に効果を発揮することで知られています。さらに、オレイン酸は胃酸の分泌を調整し胃潰瘍や胃酸過多を防止し、腸の運動を促す効果も認められています。

若返り成分と代謝を高める成分

ビタミンEは、若返りのビタミンとも言われています。抗酸化作用により、体内の細胞にある脂質の老化を防ぐ働きがあるので、身体全体が若々しさを保ちます。自律神経に働きかけることで血行を良くし、肩こりや冷えを取り除きます。新陳代謝も高まるので美肌にも効果があります。生殖機能にも働きかけるので、閉経後の更年期障害の予防や症状の改善をします。
レシチンは細胞の基本物質と言われ、コリンは脂肪の代謝を正常に行うのに必要な成分で、肝臓の働きを高めます。また神経伝達物質として自律神経系などのバランスを保ち、鎮痛効果もあります。

それぞれの成分が相乗的に働く自然のバランス

卵油には、その他にも数種類の不飽和脂肪酸や高級脂肪酸、微量のミネラルやビタミン、また未知の成分が含まれている可能性もあります。特定の成分だけを化学的に分離したものではなく、自然の絶妙な成分バランスをそのまま摂ることができます。
また、東洋医学には「同位同食」という言葉があります。自分の弱ったところと同じものを食べれば良いという考え方です。卵油というのは、ヒヨコという1つの命が生まれる卵から抽出したエキスですから、命そのものを元気にして若返らせる働きがあるのです。


自然卵が原料<<ちえの輪卵油>>
沖縄の平飼い自然卵を使用しています。昔ながらの智恵で、あなたを元気に!


ちえの輪卵油 NPOおばあちゃんの知恵袋の会NPOおばあちゃんの知恵袋の会
「卵油の話」が参加しています
ちえの輪けんこう友の会事務局
〒112-0001 東京都文京区白山
       4-36-16-304
お問い合わせはこちら>>


ちえの輪けんこう友の会